古い家をリフォームする際にここだけは気をつけろ!(リノベーションも)

快適でおしゃれなフローリングに!
リフォームのポイントとは

1.流行を取り入れよう!いま人気のフローリングとは

フローリングのリフォーム

自宅を洋風のオシャレな雰囲気にリフォームしたいのであれば、フローリングの中でも、最近注目されている「へリンボーン」の床を選ばれてはいかがでしょうか。 「ヘリンボーン」とは、細長い木片を山型に連続して組み合わせたような寄木張りで、日本語では「杉綾(すぎあや)模様」および「矢羽(やばね)張り」とも呼ばれています。使用する木材の種類は、無垢材など自由に選ぶことができ、2種類以上の色目の木を組み合わせて、ヴィンテージ風や北欧風といったデザイン性が高いオリジナルの床に仕上げることができます。

2.フローリング張替にかかる費用はどのくらい?

一般的なフローリングの張替は、リノベーション対応となる、特段の補修工事や土台自体の修繕作業がなければ、大体6畳(床面積10程度)で、工事費用込みで10万円前後が相場のようです。

ただし、工法として「ヘリンボーン」を選択した場合には、通常のフローリングに比べて職人の技術が必要となることから、同じ6畳の床であっても割高となり、選ぶ素材によっては通常の約3倍にあたる30万円程度かかる可能性もあります。

3.フローリングのリフォームにかかる
工事期間の目安とは

フローリングにリフォームする際、既存の床を張り替える方法や、現行の床に薄いフローリング素材を重ね張りしていく方法などがあります。現在の住まいでどの方法が選択肢となりうるのか、業者に相談することで具体的な工期が明確となります。

たとえば、床の下地はそのまま利用し、一般的な新規張替をおこなうと仮定した場合、6畳程度のリビングであれば、2日から3日程度だそうです。なお、「ヘリンボーン」でフローリングの新規張替を希望する場合には、6日から9日前後と長めの工期が必要となってきます。

4.業者の見積もりを確認する際に注意するべきポイント

リフォームに必要な価格の相場を知るためにも、2社か3社程度の業者から、見積もりをとりましょう。フローリングのリフォームにかかる見積もりを受け取ったら、まずは、使用している素材の単価や、張替のための事前工事内容、最後の仕上げ方法といったポイントをおさえて、費用を比較していきましょう。

また、基本的にフローリングは壁面に密着させることが難しいため、一般的には壁とフローリング材とのすき間を埋める「巾木(はばき)」も必要となっています。希望するカラーや素材の巾木が含まれているかどうかも着目すべきポイントです。室内の他の建具とのバランスも考え、実際に出来上がりをイメージしながら、見積もりを精査していきましょう。

page top