古い家をリフォームする際にここだけは気をつけろ!(リノベーションも)

キッチンのリフォームの際に
気をつけたいポイントとは

1.理想のキッチンを目指したい方必見!
いま流行りのリフォームとは

近年におけるキッチンのリフォームで、人気のスタイルといえば「対面キッチン」が挙げられることが多いようです。対面キッチンにすることで、キッチンで食事の準備や後片付けをしながら、リビングやダイニングを見渡すことができるので、家族とのコミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。

キッチンのリフォーム

対面キッチンの中にもいくつか種類があり、LDKの中心付近にキッチンが配置されている「アイランドキッチン」や、動線を短くしつつ作業スペースも比較的広くとれる「L型キッチン」などが人気のようです。

2.キッチンのリフォームにかかる費用はどのくらい?

キッチンをリフォームする場合の費用は、選択するシステムキッチンの仕様や素材、サイズなどによっても大きく異なってきます。だいたい平均的な費用相場としては、工事費用込みで総額80万円から150万円程度となっているようです。

古いキッチンを新しいシステムキッチンに取り替えるだけであれば、50万円程度で済ませることもできますが、リノベーションとして新しく間取りを変更して対面キッチンにするのであれば、少なくとも100万円以上かかると考えておいたほうが無難です。

3.キッチンのリフォームに必要な工事期間の目安

キッチンをリフォームするにあたり、もともとのキッチンのメンテナンス状況や広さによっても多少異なってきますが、必要な工事期間はだいたい1週間から3週間程度が目安だといわれています。

具体的には、間取りはそのままで、システムキッチンを取り替えるだけであれば1週間程度でリフォームが完了します。一方、キッチンの配置自体を変更したり、壁や床などの傷みが比較的目立つ場合には、リノベーションによる、構造の変更、さらに補修工事や配管工事も必要となることから、2週間から3週間は必要となります。

4.業者の見積もりを確認する際に注意するべきポイント

業者から見積書を受け取ったら、確認すべき基本事項として、日付や押印の有無のほか、有効期限についても確認しておきましょう。リフォームをお願いしようと思って連絡したら、有効期限が過ぎていたため、見積書の内容で工事依頼をすることができないというケースもあるようですので注意が必要です。

また、見積書の中で「諸経費」や「雑費」、「一式」といった記述があれば、その中身や金額について内訳を確認しておく必要があります。具体的に何の費用がどの程度含まれているのかをしっかりと把握しておくことで、施工内容の双方の認識のズレを防ぎ、将来トラブルになる可能性を最小限にとどめることができます。

page top