古い家をリフォームする際にここだけは気をつけろ!(リノベーションも)

畳を現代風に!
リフォームの際に気をつけるポイントとは

1.最近のリフォームの定番!
流行りの畳といえば、「琉球畳」

壁紙のリフォーム

従来の畳のスタイルをモダンに一新したい方に注目されているのが「琉球畳(りゅうきゅうたたみ)」です。琉球畳は、半畳サイズでフチなしの正方形が特徴的な畳で、その素材としては、天然のい草のほか、好みのカラーの素材を自由に選ぶことができます。

もともと洋室ばかりの家に和風の空間を簡単に作ったり、リビングの一画に和のくつろぎスペースを設けたり、さまざまな使い方ができるのも琉球畳のメリットです。

2.琉球畳を取り入れる際の費用はどのくらい?

従来からある畳の表側だけを交換する「表替え」だけをおこなうのであれば、工事費や諸経費込みで、6畳(約10)あたり5万円程度が平均的な予算となります。

一方、畳をすべて取り換える「新調」であれば、6畳分で約8万円となり、琉球畳を選ぶのであれば、1畳あたり2枚の畳が必要となることから、一般的な畳を新調する場合と比べると、2倍から3倍の予算が必要となります。実際には選ぶ素材や広さにもよりますが、琉球畳を使ったリフォームは、大体十数万円から数十万円となるケースが一般的のようです。

3.リフォームに必要な工事期間の目安とは

畳のリフォームにかかる期間は、もともとの床の造作や修正はおこなわず、下地を整えるだけで新調することが可能なケースであれば、4畳半から10畳分の広さで約1日か2日となっています。

たとえば、床材を剥がして、高さを調節する工事をおこなう必要がある場合や、時の経過による劣化部分が見つかり下地に何らかの修繕や補強を加えなければならないケースでは、その分の工事日数がかかるため、具体的にリフォーム会社と綿密な相談をおこなう必要があります。なお、近年では、もともと和室であったところをフローリングにして、モダンな柄の琉球畳を置くだけの畳リフォームも人気スタイルのひとつとなっています。

4.業者の見積もりを確認する際に注意するべきポイント

畳のリフォームの見積もりを確認する際には、使用する予定の畳の素材と価格のバランスを客観的に比較検討する必要があります。

たとえば、琉球畳の単価は、畳の芯となる床部分と、ゴザと呼ばれる表部分の素材の組み合わせによっても様々な価格帯のものが存在しています。複数の業者に見積もりをお願いする際には、希望する出来上がりのイメージを個別具体的に伝え、使用する素材や下地工事の内容について、同じ条件下で見積もり金額を比較検討することにより、何が正当な価格かが見えてくるはずです。

page top