古い家をリフォームする際にここだけは気をつけろ!(リノベーションも)

壁紙クロスを刷新!
リフォームの際に気をつけるポイントとは

1.流行りの壁紙リフォームを要チェック!

壁紙のリフォーム

部屋の印象を大きく変えるために行われるのが壁紙のリフォームですよね。実際にリフォームをおこなうにあたり、最近の壁紙クロスで人気のタイプとして、落ち着いたカラーの織物調や石目調で、防カビ対策やシックハウス対策のほか消臭機能などが施されたものがよく選ばれているようです。

また、リビング・ダイニングや寝室などのいずれの場所においても、汚れや傷がつきにくいハイブリッド素材は人気の定番となっています。 部屋ごとのアクセントを楽しみたい方には、キッチン部分のみレンガ調の壁紙にしたり、子ども部屋の壁紙をアニマル調の愛らしい柄物に替えたりと、品揃えも豊富なので自由に選ぶことができます。

2.壁紙リフォームをする際に気になる!
費用相場はどのくらいなの?

壁紙リフォームの費用は、単なる壁紙の張替だけで工事が完了する場合であれば、工事費用を含めて、6畳(約10)あたり4万円程度が相場となっています。既存の壁に大きな穴などの損傷部分がある場合には、別途補修工事が必要となり、その工事内容や必要な期間によっても費用は変動してきます。

たとえば、壁にある直径20センチ未満の穴を修復する場合には、1ヶ所あたり5千円程度、直径20センチ以上の穴を修復する場合には、1ヶ所あたり8千円程度の予算が一定の目安となっているようです。

3.壁紙リフォームにかかる工事期間はどのくらい?

壁紙リフォームの工事手順としては、まず既存の壁紙クロスをはがしてから下地を整え、十分に乾かしてから新しい壁紙を順番に貼り付けしていきます。実際の工事開始前の準備として、室内の他の部分が汚れないように養生を施したり、家具や家財道具を移動させる必要があれば、その分の時間がさらに必要となってきます。

たとえば、4LDKのお宅で全ての壁紙クロスを張り替えするためには、家具などの移動に費やす時間を含めない場合でも、1週間から2週間はかかるようです。もちろん、家の中の一部や一部屋分の壁紙リフォームであれば、1日か2日で完了することもできます。

4.業者の見積もりを確認する際に注意するべきポイント

見積もりを受領したら、まずは壁紙自体の値段について定価と比較したり、相見積をとることによって、妥当な金額かどうか確認しておきましょう。業者によっては、工事費用とセットで価格を算出しているところもありますので、壁紙の価格の中に含まれている費用項目を精査することも必要です。

さらに、壁紙の張替にあたり、エアコンの取り外しや大きな家具本体およびその中身の移動など、だれがいつどのようにするのかを確認し、費用内訳に含まれているのかどうかについても事前に尋ねておけば安心です。吹き抜けがある家であれば、高所工事用の足場の設置も必要となりその分の費用も発生してくるようです。

page top